偏光

日常のこと、いろいろ。

気取らない愛

 つい最近、わたしの下宿先の裏庭に花が咲いているのを見つけた。ピンク色のような何とも言えない色で、非常にかわいらしい。迷わずシャッターを切った。

f:id:Lumiere0450:20200317134845j:plain


 どうしても気になって、さまざまな植物についての情報が載っているウェブサイトで同定を試みた。花弁は5枚、葉っぱは……と。
 どうやら「オトメザクラ」という品種らしい。乙女桜と当てる。プリムラ・マラコイデス、とも。中国原産の一年草で、早春の花だ。しかし確証はない。
 そこでMastodonで同定の協力を呼び掛けてみると、下の画像の通り、情報をいただくことができた。改めて感謝申し上げます。

f:id:Lumiere0450:20200318104946p:plain

提供していただけた情報。感謝申し上げます。

 オトメザクラで間違いなさそうだ。
 さて、オトメザクラだと確信したところで、気になってくるのは花言葉だ。さっそく検索する。
「気取らない愛」
「運命を開く」
 これがオトメザクラの花言葉らしい。

f:id:Lumiere0450:20200317134746j:plain


 なるほど、気取らない愛を花言葉に擁するのもうなずける。

 明るい日陰にひっそり生きる。ソメイヨシノのように「優れた美人」であるさまを気取って見せつけているというわけではないけれど、しかし確かに美人であり、愛らしいのだ。

 この花は、日陰にあってこそ映えるのかもしれない。

f:id:Lumiere0450:20200317135016j:plain


 「運命を開く」という花言葉については、由来はちょっと分からない。けれど、命名者は、明るい日陰でひっそり佇むようなこのきれいな花に、何か運命的なものを感じたのだろう。

 オトメザクラは、今日も風に揺れている。