偏光

日常のこと、いろいろ。

圧縮ファイルについてのアンケート調査結果

 先日、圧縮ファイルについてのアンケートを採りましたので、その結果をフィードバックいたします。

 

1.概要

 私は、ふと「ダウンロードしたソフトウェアの圧縮ファイルというのは、破棄すべきなのだろうか? それとも、ストレージの空き容量の許す限り保管すべきなのだろうか?」という単純な疑問を抱きました。

 ダウンロードしたソフトウェアの圧縮ファイル(以下、便宜上「本件圧縮ファイル」と呼ぶこととします。)を破棄することには、ストレージ内のゴミを掃除するという目的のもとに一定の利点が認められます。

 一方で、本件圧縮ファイルを、ストレージにおいて整序のもとに保管しておくことには、再び同一のソフトウェアをインストールする必要に迫られたときには、再びダウンロードする手間を省くことができるという点で、一定の利便性が認められるでしょう。

 そこで、仮にアンケートを採ったならば、破棄するのが大多数ではあっても一定数のユーザは保管をすることを選ぶであろうと仮説を立てました

 この仮説を確認するため、SNSMastodon」において、アンケート調査を行いました。調査は、1月2日の午後21時49分より24時間を時限として行ったものです。

選択肢には「保管」か「破棄」を用意しました。

f:id:Lumiere0450:20200103222057p:plain

実際のアンケートの質問と選択肢、および調査結果です。

 調査の趣旨は、.zip形式等の本件圧縮ファイルは、PCユーザによって解凍後いかに処理されているのかを問うものでした。

 

2.調査結果

 結果としては、選択肢「保管」を選択したMastodonユーザは総数たる25人のうち64パーセントであり、これに対して選択し「破棄」を選択したMastodonユーザは、36パーセントでありました。

 このことからは、主として、本件圧縮ファイルは破棄されるものであるということが読み取れます。また同時に、少数ではありながらも保管することを選択するユーザも一定数存在することが読み取れます。したがって、当初の想定は確かなものであったということが言えます。

 アンケートのデータのほかにも、Mastodonユーザによって、ケースバイケースで保管ないし破棄のいずれかを選択している旨コメントが寄せられました。

 

f:id:Lumiere0450:20200103223148j:plain

3.考察

 今回の調査において用意した選択肢は「保管」「破棄」の2つであり、その選択肢についての説明も全くないとみてよいほどの質問ですから、ミスリードを誘発してしまった恐れはあります。

 ただ一定程度の投票数が得られたことを鑑みれば、本件圧縮ファイルというのは、基本的には不要なものとして認識されているということが確認できます。また同時に、一定数「保管」の選択肢が投票数を得ていることからは、右圧縮ファイルを保管することには一定の利点が認められるということが確認されます。

 今回のアンケート調査は本件圧縮ファイルの処分について保管ないし破棄の選択肢を選ぶに至った理由について問うものではありませんから、たとえば再度の入手が困難であるような貴重なファイル、あるいは絶対に削除しておきたいファイルについての処分を迫られるような場合――まさしく「ケースバイケース」といえるような場合についても柔軟にカヴァーできていたとは言えません。この点、たとえば「ケースバイケース」「状況による」等の、中性的な選択肢を用意していたならばより有意義な回答が得られるべきアンケート調査になりえたかもしれません

 しかしながらその場合には、回答が右中性的な選択肢に集中するという懸念があります。というのも、「状況によって変わる」という中性的な選択肢――原則はこうであるが状況によってはこのような例外もありうる、と意思表示させるような選択肢――を認めるならば、誰しも原則と例外の矛盾を抱えながらいかなることにおいても選択を繰り返すものであるところ、回答者の意思は結局、かかる中性的な選択肢のうちに収斂されるからです。具体的には、たとえば「保管」が得票数0、「破棄」が0に対して、「ケースバイケース」の選択肢が20票を獲得した、というような状況が発生しうる懸念がある、ということであります。

 もちろんのことながら、回答者のすべてが中性的な選択肢に流れるということもまた考え難いことです。それにしてもやはり、両者のいずれか、というように断定できるような選択肢を用意しつつ、いかにして原則と例外を包含する中性的な選択肢を導入し、有意義な回答を得ていくのかということは、今後の課題といえるでしょう。

 Mastodonの仕様上、アンケート機能において用意できる選択肢の数は4つであり、この中でいかに適切な回答を得るべき選択肢を提供していくかということは一定の難しさを伴うものであると言わざるを得ません。

 解決策としてはGoogleの提供するアンケートフォームを利用するということが考えられます。より高精度で適切なアンケートを設計することができるという利点があります。

 しかしながらURLからアンケートフォームに飛ばなければならないという欠点があり、このことによってどれほどの投票数が得られなくなるかについても懸念があります。

 そうすると、Mastodonでアンケートを行うことについて上に見たような懸念事項のある以上、どのようにアンケートを実施・展開するのかという点で、アンケートの在り方も検討する必要があるといえます。

 したがって、今後の検討課題は、いかに適切な選択肢を提供すべきかという点と、いかにアンケートを実施・展開すべきかという点にあるといえます。また別の機会にアンケートを採ろうとするさいには、より適切な選択肢で、より適切なアンケート調査を展開できるよう努めたいところであります。

4.まとめ

 以上、「ダウンロードしたソフトウェアの圧縮ファイル」の処分は「保管」「破棄」のいずれが選ばれるものであるか、という点についてのアンケート結果報告でした。

 結果としては、破棄する方が圧倒的でしたが、一定数、保管を選択される方もいました