偏光

日常のこと、いろいろ。

日記を続けるには;その方法と実践(その1)

1.日記を書くこと

 

 日記を書くとき,どうしようもなく高いハードルを感じてしまう人は,意外に多いのではないでしょうか。「効果があるからやるべき」,「記録として便利」とはよく言われることですが,ひょっとすると「デキる人はみんなやっている」とも勧められるかもしれません。これは実際その通りで,書店に行けば,日記に関する本はたいてい5冊ほどはあるものです。書店でなくとも,ラジオやインターネット,テレビにおいても,日記の効用について紹介され,論じられていることと思います。日記のススメ,とでも言いましょうか。

 さて,この日記,効果については,まとまった定説めいたものがありまして,

studyhacker.net

www.lifehacker.jp

などなど,この手の記事は非常に多くあります。これらを一たび読めば,日記はやらなければならないのか,と思ってしまうほどでありましょう。

 これらは大概共通している点がありまして,

  ①日記に取り組んだほうがいい,

  ②日記は気持ちの整理をつけるうえで重要*1

  ③創造性を養える,

  ④文章が上手になる,

といったことです。そして,日記の媒体については,

 ①紙(ノート,手帳,メモ用紙等),

 ②電子(Evernoteといった電子ノート,携帯電話等のメモ帳,日記アプリ等),

の2通りが挙げられますが,共通して,どちらでもよいとされています。

 日記の効果については,種々意見のありうるところですし,それはそれで構わないので,ここでは問題としません。

 

2.日記を続けるためには

1.はじめに

 ここでテーマとしたいのは,日記を続けるうえで,どうしたらいいのか,ということです。日記を続けているには続けているのだけれども,いまいち継続できない,飽きっぽいから続かない,といった方を対象として*2,この解決方法を模索していきたいと思います。

 
2.私自身の取組み

 さて,記事タイトルにある通り,大きく出たものですが,かくいう私は,9年ほど日記に取り組んでいます。東日本大震災のあった3月11日からややあって,2011年3月16日から,現在に至るまで日記を書き続けています*3。書き溜めたノートたちを見るにつけ,よくもまぁ続けてきたものだ,と感慨に浸ることもあります。

 この9年間,飽きっぽい私は,同じやり方をずっと続けてきたというわけでは決してありません。むしろその逆,常に何か,新しいやり方はないのか,続けるためにはどうすればよいのか,考え,試してみて,挫折する,といったことを際限なく繰り返してきました。その中で,一定程度,私自身のやり方,みたいなものが定着しました。それをここで共有していきたいと思います。

 

 次回は,「日記を続けるには;その方法と実践(その2)」を予定しています。

 

*1:マインドフルネス,というおしゃれな単語を用いて説明されることもままあります。

*2:日記をまだはじめていない,日記というものがなんなのかよくわからないといった方は,インターネット等で検索していただいて,日記の効用,日記に書く内容,といったことをご理解いただければと思います。ああいう方法論というのはそれこそ跳梁跋扈しておりますが,おおむねどれも正解です。ただし,個人によってやり方が違ってくるので,その点もご了承ください。

*3:追悼のつもりで書き始めたことがきっかけでした。日々増えていく犠牲者数。町が津波に一瞬にして飲み込まれる惨憺たる状況。泣き叫び立ちすくむ人々。そのような実情がテレビで繰り返し,繰り返し報道されるにつれ,私も何か,できることはないのか,と模索した結果が,日記でありました。風化させまい,忘れるまい,と。あの頃のテレビや新聞といえば,何か自分にできることは何か考えよう,自粛して,少しでも被災者の方々役に立てることを,社会成員みんなで考えていこう,と,呼びかけていたように記憶しています。