偏光

日常のこと、いろいろ。

人生

就活はクソである。

就活はクソである。 クソであるからして,クソ以外の価値がそこに見いだせるはずはない。就職活動中に「わたし,圧倒的成長☆♪( *´艸`)」などというのは虚妄に等しい。実際の就職活動ということを考えてみればそれは歴然たる事実である。 就職活動の核をなす…

日記を続けるには;その方法と実践

この記事は、過去に公開した全4回の「日記を続けるには;その方法と実践」の合併版であり、ある程度整形したものです。ご覧くださいませ。 1.日記を書くこと 2.日記を続けるためには 1.はじめに 2.私自身の取組み 3.私自身の取り組み(2) 1.…

日記を続けるには;その方法と実践(その4)

今回が、いよいよ「日記を続けるには;その方法と実践」の最終回です。 3の3;意義を問うこと 3つ目の問題点について確認しておきましょう。これは、日記を続けることの意義を見失ったパターンです。はっきり言って、日記を続けることのどこに意味がある…

飛込自殺をする心理の奥底にあるもの

飛込自殺をすることについて、今までとは異なる考えを持つに至ったので、少し書いておきます。 電車のホームから どうして自殺を選ぶのだろう? なぜ電車自殺なのだろう? 承認欲求、「寂しさ」;電車自殺をする心理の奥底 まとめ 電車のホームから 先日、図…

一杯のコーヒーからはじめる内心的革命―A Mental Revolution through Reflection, starting with A Cup Of Coffeeー

本稿は、コーヒーを人生になぞらえてみようという試論です。この試みは、コーヒーを人生になぞらえるのみならず、そこから発展させて、内心、すなわち心の中に革命をもたらそうとする試みでもあります。 0.はじめに 1.コーヒーを飲もう 2.コーヒーとラ…

メモ;無題

●極限状態から最期を迎える瞬間,人は何を神に言うのか。 どうやって答えるべきか? →答えがない →解決策は①自己自身に問いかけること?②他人に問いかけ共通項を発見すること? ①自己自身に問いかけること →自分ならどう答えるだろう? と ⇔しかし,これが正…

日記を続けるには;その方法と実践(その2)

前回に引き続き,「日記を続けるには;その方法と実践」です。2.の「私自身の取り組み」というところで一区切りとしましたが,今回は,その2です。 3.私自身の取り組み(2) 1.気分を変えること 3.私自身の取り組み(2) 私は,日記をつけるにあ…

誤った意識からの脱却;受容か,あるいは思考停止か

今回は,ほんの些細な出来事をもとに,少しお話をしていけたらいいなぁ,と思います。 以下,目次です。 1.愚痴 2.不用意な言動をしてしまう意識(誤った意識)からいかに脱却するか 3.かかる問題はいかに解決されるか 4.まとめ 1.愚痴 先日,私が…