偏光

日常のこと、いろいろ。

ひとりごと

就活はクソである。

就活はクソである。 クソであるからして,クソ以外の価値がそこに見いだせるはずはない。就職活動中に「わたし,圧倒的成長☆♪( *´艸`)」などというのは虚妄に等しい。実際の就職活動ということを考えてみればそれは歴然たる事実である。 就職活動の核をなす…

「捨てられないもの」

お題「捨てられないもの」 久しぶりの、ブログ更新。 何気なく、「お題スロット」を使ってみると、「捨てられないもの」と出た。 「捨てられないもの」。捨てられないものはあっただろうか。あまり考えたことのないテーマだ。 本。記憶。愚かしさ。思考。今…

ひとりごと

ときとして特別であることを求められるものだ。特別でありたい人は,それはそれで問題のないことだが,特別であることを他人に求める人の,その在り方というのは,やはり問題があるだろう。価値観の押し付けに他ならないからだ。 彼がそのようなことをするの…

ひとりごと

行き場もなく名前もない感情がある。嫉妬と呼ぶには薄く軽く,寂しさと言うには何らかの欠缺があるというわけでもない。これはいったい何の,何のための,どこからくる感情なのだろう。 知人……といっても年下の女性であるが,彼女が先日,恋人の両親と面会を…

ひとりごと

メンバーどうしの交流が長らく途絶えていたLINEグループを退会した。 かつては,それなりに交流が活発にあって,グループ自体を作ってから今に至るまでの期間も,それなりに長いグループだった。 どうしてそういうことをしようと思ったかというと,それには…

ひとりごと

父と電話。メンタルはズタボロ。いろいろ言われた気がするけど,頭がパンクした。リスカしようとさえ思った。 期待して,期待の相手方が,なした期待に添わなかったとしたら,そのときは,ある一定の感情を覚えることだろう。その感情というのは,すなわち失…